ナチュラルカラーのダイヤモンドは、考えられるほぼすべての色、サイズ、価格帯で存在するため、独特です。ナチュラルカラーのダイヤモンドは、パステルピンク、ブラウン、イエローの最も薄い色から、ブルー、グリーン、オレンジの最も濃い色または鮮やかな色までさまざまです。
ではどのように価値を比較すればいいのか?

カラー、彩度、サイズ、シェイプに分けることができます。

カラーダイヤモンドの色によるレア度、珍しさの順番

カラー

珍しさカラー
レア、珍しさイエロー
よりレア ピンク、ブルー、グリーン。
すごくレア パープル、オレンジ
最もレア バイオレット、レッド
カラーダイヤモンドの彩度(鮮やかさ)による価値の違いに関して

彩度

Intensity 彩度
ナチュラルカラーダイヤモンドの色が濃くて濃いほど、希少で価値があります。カラーの強さは、ナチュラルカラーダイヤモンドの価値を決定する最も重要な要素の1つです。ナチュラルカラーダイヤモンドの価値は、強度とともに増加します。天然色ダイヤモンドの業界​​の説明にある程度の均一性をもたらすために、宝石分析研究所は、ダイヤモンドの色の強さまたは強さを分類するために、ファンシーカラーダイヤモンドカラースケールを開発しました。

カラーダイヤモンドのサイズによる価値の違い

サイズ

色と彩度が等しい場合、サイズが大きいほど、ナチュラルカラーダイヤモンドの価値が高くなります。

カラーダイヤモンドのにおけるシェイプの違いによる価値の違い

シェイプ

シェイプによっても価格に影響します。
一般にテーブルのサイズが72%を超えるとカラーダイヤモンドの彩度が出にくいとされています。

メジャーなシェイプはクッション、ラディアン、ペアシェイプ、オーバル、ハートブリリアント。
より高い価値があるのがラウンド、プリンセスカット、エメラルドカット。
これらのカットに関しては色が出にくいとされているので、同じ彩度、サイズだと、この3ツ野化t都のカラーダイヤモンドは他のカットのものに比べて高く評価されます。


希少な色ほど、ナチュラルカラーダイヤモンドの価値が高くなります。一部のダイヤモンドには、ダイヤモンドの価値を増減させる可能性のある二次色(モディファイア)が含まれている場合があります。GIA (Gemological Institute of America)によると、カラーダイヤモンドは10,000個のダイヤモンドのうち1個しかありません。その中でも美しいものはごく僅か、最も希少なものは本当に希少なのです。

カットエフェクトカラー
ナチュラルカラーダイヤモンドのカットは、ダイヤモンドの色と輝きを決定する上で重要な役割を果たします。ダイヤモンドの色の強さは、石のパビリオンまたはクラウンの角度を変えることで大幅に向上します。ここで重要なのが無色のダイヤモンドに最適と考えられる比率はカラーダイヤモンドには適用しないということです。テーブルサイズが72%を超えると、石の色が薄くなりますが、厚いガードルは色を引き出すために必要になります。

カットとカラット

カラーダイヤモンドの色と透明度を最大限に引き出すために重量が犠牲になっています。ただし、これらのダイヤモンドはカラット重量に基づいて販売されているため、1カラット当たりの価格は高くなります。
オークションなどに出品されるような色鮮やかなピンクやブルーなどは100万ドル/カラットを超える価格がありますが、カット中に失われる0.01ctあたりの価格は10,000ドルに相当します。

ジャーナル

[BTEN id="1481"]